ホームへ E-Mail
ネット予約
リプロダクション豆知識

第10回「移植する胚の個数は?」
2007年02月06日
体外受精の説明会で

「体外受精をして、胚を移植する際、移植する胚の個数は何個が良いのでしょうか。また、多胎妊娠率についても教えてください。」

という質問が多数寄せられましたので、当院での2日目、3日目の胚移植時の移植胚の個数の違いによる成績を報告いたします。

移植胚数 1個の場合 妊娠率20.0% 単胎率100.0% 双胎率0% 品胎率 0%
移植胚数 2個の場合 妊娠率43.2% 単胎率84.1% 双胎率15.9% 品胎率 0%
移植胚数 3個の場合 妊娠率44.2% 単胎率73.9% 双胎率21.7% 品胎率 4.3%
(開院から2006年まで)

以上の結果より1個移植では妊娠率は低くなりますが、単胎率は100%です。
2個、3個移植では妊娠率は上がりますが、同時に双胎、品胎になる可能性も出てきます。

年齢や移植胚のグレードで違いはありますが、以上のことを参考に、Drと相談しながら移植胚個数を決定していきます。

(胚培養士 小野 浩子)

ホームへ このページのトップへ